1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. ミシュラングリーンガイド、改訂版に三浦半島/神奈川

ミシュラングリーンガイド、改訂版に三浦半島/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2013年2月21日(木) 11:05

観音崎にそびえる灯台=横須賀市
観音崎にそびえる灯台=横須賀市

タイヤ大手、仏ミシュランが2月から発行を始めた外国人観光客向けの日本旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」の改訂第3版に、三浦半島が初めて掲載された。都心の近郊に残された自然や歴史的遺産などを評価し、地域全体で「近くにいれば寄り道をして訪れるべき場所」のランクとなる二つ星を与えている。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンは2009年が初版で、今回は改訂第3版。今月18日のフランスを皮切りに、欧州などの仏語圏で販売される。第一印象や知名度、文化財の豊かさ、美観など、独自に定められた9種類の基準に沿って、観光地の星の数が決められている。

三浦半島では、域内の個別のスポットとしても三浦・城ケ島に二つ星、横須賀・観音崎と葉山マリーナの周辺地域に「興味深い場所」の一つ星を与えた。横須賀軍港めぐりやヴェルニー公園、記念艦「三笠」、三浦海岸、荒崎公園も盛り込まれている。

幕末から維新にかけ、横須賀造船所の建設などで近代化に尽力したフランス人技師ヴェルニーに関するコラムも記載。星の数の算定理由は非公表だが、日本ミシュランタイヤは「都心のすぐ近くに海や山があり、徒歩や自転車で散策できる。歴史や文化を学べる場所もある」と説明している。

城ケ島観光協会の青木良勝会長は「大変光栄だ。評価に恥じないおもてなしをしたい」。吉田雄人・横須賀市長は「掲載を起爆剤に集客に拍車をかけたい」と話した。

改訂第3版では、これまで二つ星だった鎌倉の評価を「わざわざ旅行する価値がある」を意味する三つ星に引き上げた。国内全体では東京スカイツリーや天橋立、城崎温泉、鞆の浦など計41カ所が新たに加わった。

【】


城ケ島の奇岩「馬の背洞門」=三浦市
城ケ島の奇岩「馬の背洞門」=三浦市

文化財に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング