1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. パイオニアが社員ら800人を削減へ、業績予想も下方修正/川崎

パイオニアが社員ら800人を削減へ、業績予想も下方修正/川崎

経済 | 神奈川新聞 | 2013年2月12日(火) 21:49

パイオニア(川崎市幸区)は12日、カーエレクトロニクス事業などの低迷を受け、6月末までに国内グループ会社を含め正社員と派遣社員約800人を削減すると発表した。役員報酬や従業員給与・賞与の減額も実施し、2014年3月期には約100億円の固定費削減効果を見込んでいる。

同時に13年3月期連結決算の業績予想を下方修正した。市販カーナビゲーション市場の低迷やホームAV製品の売り上げ計画を見直したことなどから、純損益見通しを10億円の黒字から40億円の赤字に変更した。

同社のコア事業であるカーエレクトロニクス事業では、国内で小型車へのシフト、新興国で廉価モデルの拡大が進むなど自動車需要の変化が影響。商品単価の下落が続いており、収益性改善のため、雇用調整に踏み切った。

同日、小谷進社長は東京証券取引所で会見し、「09年の大規模な構造改革を経て協力してくれた社員に再び手を付けるのは、大変つらい決断。将来に向けての収益機能を強化させ、パイオニアを再び成長路線に乗せることが責務だと考えている」と話した。

【】

役員報酬に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング