1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 12年の県内新車登録台数、補助金効果で24%増/神奈川

12年の県内新車登録台数、補助金効果で24%増/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2013年1月8日(火) 23:41

神奈川トヨタ自動車がまとめた2012年の県内新車登録台数(軽自動車除く)は前年比24・1%増の22万3856台となり、2年ぶりに前年を上回った。東日本大震災からの挽回生産と自動車各社が新型エコカーを投入したことで、市場は8月まで12カ月連続で伸長。エコカー補助金が終了した9月以降は反動減で4カ月連続で前年を下回った。

年間の乗用車市場は12万6588台で同25・1%増加。3ボックス車、スポーツ&スペシャリティー車、2ボックス車、ステーションワゴン車、純輸入車の全てで前年を上回った。2ボックス車では、燃費性能の高いトヨタの「アクア」や日産の新型「ノート」などがけん引。スポーツ&スペシャリティー車ではトヨタの「86(ハチロク)」などの新車発売が寄与した。

RV市場の登録台数は同23・5%増の7万3514台。トラック市場は3年連続で前年を上回った。

年間のブランド別シェアではトヨタ(43・5%)が首位。2位は日産(18・7%)で3位がホンダ(11・2%)となった。

12月の県内新車登録台数(軽自動車除く)は前年同月比9・0%減の1万4343台だった。

【】

神奈川トヨタに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング