1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 扇島太陽光発電所が運転開始から1周年、CO2削減効果7000トン/川崎

扇島太陽光発電所が運転開始から1周年、CO2削減効果7000トン/川崎

経済 | 神奈川新聞 | 2012年12月21日(金) 22:35

運転開始1周年になる扇島太陽光発電所=川崎区
運転開始1周年になる扇島太陽光発電所=川崎区

川崎市と東京電力が共同事業として進めてきた川崎臨海部の2カ所目の大規模太陽光発電所(メガソーラー)となる扇島太陽光発電所が19日、運転開始から1周年を迎えた。

1年間の発電電力量は、当初想定の1・1倍となる毎時約1510万キロワット(一般家庭約4500世帯分の年間使用電力量に相当)。二酸化炭素(CO2)削減効果は一般家庭約1500世帯分の排出量に相当する約7千トンに上った。今年8月に運転を開始した浮島太陽光発電所と合わせ、同日までの発電電力量の合計は毎時約2780万キロワットと国内最大級、CO2削減効果は約1万2900トン。

川崎臨海部には、メガソーラーのほか、バイオマス、天然ガス発電など新エネルギーの供給拠点が集積。市地球環境推進室は「浮島太陽光発電所に隣接する『かわさきエコ暮らし未来館』などを中心に集積する環境技術を内外に発信し、再生可能エネルギーの重要性について普及啓発していく」としている。

【】

二酸化炭素濃度に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング