1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コロワイド3月期予想:「牛角」買収で上方修正/神奈川

コロワイド3月期予想:「牛角」買収で上方修正/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2012年11月13日(火) 22:31

外食大手のコロワイド(横浜市西区)は、焼き肉店「牛角」などを運営するレックス・ホールディングスを連結子会社化したことを踏まえ、2013年3月期の連結業績予想を上方修正した。野尻公平社長は決算説明会で、国内の外食市場は縮小傾向にあり、今後、業界再編や海外展開が加速するとの認識を表明。さらなる企業買収について「ブランド力や親和性があれば、前向きに考えたい」と意欲を示した。

コロワイドの12年9月末の直営店店舗は海外を含め891。上期は28店舗の新規出店を計画していたが、レックスの買収を控え、13店舗にとどめた。一方、閉鎖店舗は12の計画に対し、17店舗だったという。

上期の既存店売上高は前年同期比1・3%減。月別では、ロンドン五輪開催に伴い外出を控える傾向もみられた7月が低迷。業態別では居酒屋が苦戦した。

上期は増収ながら、広告費や人件費など販管費率の上昇などにより減益。当期純損益は8億8600万円の赤字だった。

野尻社長は「牛角」のほか、「しゃぶしゃぶ温野菜」「居酒屋土間土間」など計約1200店舗展開するレックスの買収について、両社の店舗を合算すると居酒屋とレストラン業態の割合が4対6となり、レストラン業態の充実を進めるコロワイドにとって「親和性が高い」と強調。メリットとして仕入れ価格の低減や物流効率の改善などを挙げ、年間に20億円程度の収益改善が期待できるとした。

レックス連結後の13年3月期の売上高は1315億9800万円(前期比29・2%増)、営業利益は51億8700万円(同61・9%増)、当期純利益は10億5千万円(同35・7%増)と予想。翌14年3月期の売上高は1580億円と見込んでいる。

【】

業界再編に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング