1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「クイーン・エリザベス」横浜初寄港へ、14年の世界一周クルーズ/神奈川

「クイーン・エリザベス」横浜初寄港へ、14年の世界一周クルーズ/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2012年8月18日(土) 00:10

米国のキュナード・ラインが運航する最新の豪華客船「クイーン・エリザベス」(QE、9万400トン)が、2014年の世界一周クルーズで横浜港に初寄港することが17日分かった。QEの日本寄港は10年の就航以来初めて。

横浜市港湾局が神奈川新聞社の取材に明らかにした。クルーズの乗客定員は約2千人。英国を起点にオーストラリアを経由して横浜など日本国内の港に寄港。その後、中国などを経て英国に帰港する。

QEは海面からの高さが56・6メートル。横浜ベイブリッジは橋桁から海面までの高さが約55メートルで、同港湾局は「潮の干満で生じる数メートルの差を利用して通過できるかを検討したい」(賑わい振興課)としている。横浜港大さん橋国際客船ターミナルに着岸させたい意向だ。

キュナード・ラインの客船は、かつて横浜港で親しまれた「クイーン・エリザベス2」(QE2、7万327トン)に代表される優美な船体と豪華な内装で知られる。09、10年に横浜港に寄港した「クイーン・メリー2」(QM2、15万1400トン)は横浜ベイブリッジをくぐれずに物流拠点の横浜港・大黒ふ頭に着岸した経緯がある。

【】

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング