1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. よこすか海軍カレーの関連商品を品評、第4回青木塾/横須賀

よこすか海軍カレーの関連商品を品評、第4回青木塾/横須賀

経済 | 神奈川新聞 | 2012年3月6日(火) 22:00

神奈川新聞社は6日、横須賀市小川町の本社横須賀支社で三浦半島の観光再興プロジェクト「青木塾」(青木猛塾長、塾生32人)の第4回塾を開いた。「よこすか海軍カレー」のアンテナショップ「YYポート横須賀」(同市若松町)で展示・販売されているカレー関連商品が紹介され、今後の販売戦略を話し合った。

YYポート店長で塾生の横尾美香さんが海軍カレーのレトルト18種類のうち14種類を持ち寄り、レストランの味や懐かしい味を再現したり、高級肉にこだわったり、子ども向けにキャラクターを前面に出したりと、求める客に応じ工夫を凝らした多様な商品が生まれていることを紹介した。

塾生らは「レトルトは高価なだけなどの風評もある。試食の機会を増やすべきだ」との提言や、「海軍の姿をしたコスプレが楽しめることとセットにしてカレーを食べられる売り方を考えては」「カツオちゃんカレーなど新たな食材を使った商品もウケるはず」といったアイデアが出た。

また、塾生らは昨年2月から販売されている横須賀カレーチョコレートを試食。横尾さんは「味はわざとおいしくなく作っている。『まずっ』と言って話題になる商品。ルーと間違えないようホワイトチョコにした。売れ行きは好調」と説明した。この商品への塾生の評価は分かれたが、積極派からは「カレー味の海軍乾パンなどの新商品を作ってみては」などとの提案もあった。

【】

アンテナショップに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング