1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 補聴器より低価格 注目集める調整自在な高性能集音器

挑む中小企業
補聴器より低価格 注目集める調整自在な高性能集音器

経済 | 神奈川新聞 | 2022年12月1日(木) 06:00

集音器「Choju」を手にする津田博通社長=相模原市南区

 相模原市南区のエース・E&L(津田博通社長)が手がける高性能集音器「Choju(聴寿)」が注目を集めている。医療機器に分類される補聴器ではないが、周囲の環境や話し相手の声質、耳の調子に応じて左右の音量や音の高低を自分で調整できるなど、耳の遠い高齢者ら使う人それぞれに合わせて聞こえ方をサポートする機能が特長だ。

微調整できるメリット

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング