1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「集い」意識した商品充実 百貨店のお歳暮商戦本格化

マーケットウオッチ
「集い」意識した商品充実 百貨店のお歳暮商戦本格化

経済 | 神奈川新聞 | 2022年11月15日(火) 11:30

好調な滑り出しを見せた横浜高島屋のお歳暮ギフトセンター=横浜市西区

 神奈川県内の百貨店でお歳暮商戦が本格化している。新型コロナウイルス禍で3回目の今年は、行動制限が設けられないとの予測の下、各店は「集い」を意識。鍋やスイーツなど、親しい人とのだんらんを想定した商品を充実させた。来店者数は伸びる傾向にあるといい、売り上げ拡大に期待を寄せている。

 横浜高島屋(横浜市西区)は5日、お歳暮ギフトセンターを開設。初日からの3日間の来店客数は前年比10%超と、好調な滑り出しを見せた。商品数は例年並みの2千点とし、一部商品は感染防止策を徹底した上で試食を復活させている。

 依然、贈り物としての需要が高いお歳暮商品だが、近年は「お取り寄せ」感覚で購入し、自宅で楽しむ人が増えているという。

 そうした需要に応えようと、今年はアフタヌーンティーを楽しむ「ヌン活」人気を意識し、彩り豊かな洋菓子と紅茶やコーヒーのセットを用意。高島屋の北海道駐在のバイヤーが選ぶ、こだわりの北海道グルメなども提供している。

 「クリスマスも近く、近所や身近な人とのパーティーで活用するために買う人もいる」と同店の担当者。大きめのサイズや、2万円程度の高単価の商品が堅調という。

前年上回る売り上げ目標

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

お歳暮に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング