1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 三菱 情報技術総合研究所・松下所長 次代のため研究開発

トップに聞く
三菱 情報技術総合研究所・松下所長 次代のため研究開発

経済 | 神奈川新聞 | 2022年10月21日(金) 16:40

 鎌倉市大船地区には、三菱電機(東京都)の研究開発部門が集積している。中でも人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など、情報通信分野の研究開発に取り組んでいるのが、情報技術総合研究所だ。松下雅仁所長に、各研究分野のトピックや展望を聞いた。(聞き手・片田 正記)

三菱電機情報技術総合研究所・松下雅仁所長

 ─研究所の位置づけは。

 「IoTや情報セキュリティーなどの技術開発を担当する情報技術▽AI『Maisart(マイサート)』などの開発を担当するマルチメディア▽5G(第5世代移動通信システム)や人工衛星搭載技術などの開発を担当する光電波・通信技術-の3部門で研究開発を行っている。社会課題に応えられる特色ある技術開発を進めていく」

 ─各分野のトピックを。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

トップに聞くに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング