1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コンタクトレンズのシード、横浜市大と空ケース回収で協定

コンタクトレンズのシード、横浜市大と空ケース回収で協定

経済 | 神奈川新聞 | 2022年10月13日(木) 10:50

コンタクトレンズ(右)と空になったケース(資料写真)

 コンタクトレンズ製造販売のシード(東京都)と横浜市立大学(横浜市金沢区)は、使い捨てコンタクトレンズの空ケース(以下、ブリスター)の回収活動で連携する協定書を締結した。

 協定は、学生ボランティアによるブリスター回収活動のため、グループワークなどを通じ、回収ボックスの設置方法や回収量を増やす仕組みの立案・実行、認知度向上や情報発信を連携して行うとしている。

リサイクルに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング