1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 小田急、運賃に10円上乗せへ バリアフリー設備推進

小田急、運賃に10円上乗せへ バリアフリー設備推進

経済 | 神奈川新聞 | 2022年8月4日(木) 21:20

小田急電鉄

 小田急電鉄(東京都)は4日、鉄道のバリアフリー化を推進するため、2023年3月ごろから全線の旅客運賃に料金を加算すると発表した。区間に関係なく、大人料金には一律10円が上乗せされる。

 子どもの運賃全線一律50円(ICカード利用時)の料金設定は維持。切符の場合は、料金加算後の大人の金額の半額となる(10円未満切り上げ)。

 通勤定期券は、1カ月600円、3カ月1710円、6カ月3240円をそれぞれ上乗せ。通学定期券の料金は変わらない。

 今回の料金加算は、鉄道のバリアフリー化のため、乗客に負担を求める国の制度を活用。同日、同社が国土交通省に届け出た。

 同社は、加算期間の10年で総額約476億円の徴収を見込み、32年度までに新宿から本厚木までの全駅にホームドアを設置するなど、全額をバリアフリー整備費に充てるとしている。

 担当者は、「年齢や障害の有無にかかわらず、どなたにも一層安心して移動いただける環境の整備に努めたい」と話している。

 問い合わせは、小田急お客さまセンター電話044(299)8200。(佐藤 百合)

小田急電鉄に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング