1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 関内駅前に超高層ビル セルテ周辺再開発 29年度開業へ

関内駅前に超高層ビル セルテ周辺再開発 29年度開業へ

経済 | 神奈川新聞 | 2022年7月31日(日) 22:30

再開発構想が浮上した商業施設「セルテ」(右)の一帯。左側はJR関内駅=横浜市中区

 横浜市中区のJR関内駅前にある商業施設「セルテ」の一帯で、高さ100メートルを超す高層ビルの再開発構想が浮上していることが31日、関係者への取材で分かった。隣接地区で進む再開発計画のスケジュールに合わせ、2025年度にも既存施設の解体に着手。29年度の開業を目指す。完成すれば、同駅前に3棟の巨大ビルが並び立つ形になる。

 構想が浮上したのは、旧市庁舎街区にほど近い「関内駅前北口地区」。現在は、約80のテナントが入る商業施設「セルテ」と、系列のオフィスビル、横浜酒販会館ビルなどが立地している。いずれも築年数の経過が目立つことから、地権者やビル所有者は昨年11月、再開発の検討協議会を発足。関係者とともに議論を重ねている。

地上24階、地下1階建て

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

再整備・再開発に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング