1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜・関内に国内初「純木造」高層ビル 脱炭素社会実現へ

横浜・関内に国内初「純木造」高層ビル 脱炭素社会実現へ

経済 | 神奈川新聞 | 2022年5月21日(土) 05:00

大林組が手がけた国内初となる純木造の高層ビル=横浜市中区

 国内初となる「純木造」の高層ビルが横浜市中区の関内地区に完成し、建築を手がけたスーパーゼネコンの大林組(東京都)が20日、報道陣に公開した。地上部の柱や梁(はり)などを全て木材で構成した次世代型のビルは、脱炭素社会の実現に向けた試金石になる。

 「Port Plus」は地上11階、地下1階建て(延べ床面積約3500平方メートル)で、高さ44メートル。大林組グループの研修施設として2020年3月に着工、今年3月に完成した。6月に本格稼働する。

 同社によれば、木材と鉄骨などを組み合わせた「ハイブリッド構造」の高層耐火建築物は徐々に増えつつあるが、木材のみは全国でも例がないという。

最先端の独自技術

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

林業に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング