1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. エバラ食品工業・森村剛士社長 「ファン」の声に耳澄ませ

トップに聞く
エバラ食品工業・森村剛士社長 「ファン」の声に耳澄ませ

経済 | 神奈川新聞 | 2022年5月6日(金) 05:00

 新型コロナウイルス禍で自宅で過ごす時間が増えたことに伴い、内食需要が高まっている。焼き肉のたれや鍋物調味料を販売しているエバラ食品工業(横浜市西区)の2021年3月期連結決算は、家庭用商品の売り上げが好調で過去最高益を記録した。同社の森村剛士社長に、さらなる需要獲得に向けた戦略などを聞いた。(聞き手・森俊平、細谷康介)

エバラ食品・森村社長

 ─「黄金の味」をはじめ、数々のヒット商品を販売している。

 「創業から皆さまに支えられてきた。調味料は引き立て役。焼き肉やすき焼きなどの必需品として、思い出に残る瞬間に皆さまのそばにいたい。食シーンの提案には力を入れているが、コロナ禍だからこそ、家族の絆づくりに役立ててもらいたいとの思いが強い。これからも愛される商品を届けたい」

 ─需要獲得に向け、何を強化する考えか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

エバラ食品に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング