1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 在宅ワーク、木の空間で快適に 川崎の建築会社が開発販売

挑む中小企業
在宅ワーク、木の空間で快適に 川崎の建築会社が開発販売

経済 | 神奈川新聞 | 2022年2月28日(月) 05:00

隠れ家ワークスペース「森の箱」(同社提供)

 住宅建築やリフォームなどを手掛ける「ビルドデザイン」(川崎市中原区)が、自宅に置くだけでプライベート空間ができる木製のボックス型ブース「隠れ家ワークスペース『森の箱』」を開発、受注販売を始めた。製品には、ヒノキを全面に使った快適なテレワークスペースを提供するだけでなく、「大工の技術や木の良さを次の世代に継承していきたい」という山田幸治社長の思いも込められている。

軽量化と強度両立

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング