1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「伊勢型紙」の文様で癒しの空間に 川崎の照明会社が開発

挑む中小企業
「伊勢型紙」の文様で癒しの空間に 川崎の照明会社が開発

経済 | 神奈川新聞 | 2022年2月6日(日) 05:00

文様が影絵のように広がるランプシェード

 着物に柄や文様を染めるために使う三重県鈴鹿市の伝統工芸「伊勢型紙」の魅力を国内外に広めようと、照明機器会社「灯(あかり)」(川崎市高津区)が奮闘している。最新エレクトロニクス技術と融合させ、影絵のような幻想的な空間を演出するランプシェードを製作。高橋完治社長(73)は「『伝統+モダン』の作品を、ものづくりのまち・川崎から発信していきたい」と意気込む。

海外流出に危機感

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング