1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 神奈川県農協中央会・連合会 大川良一会長 JAの役割は

展望2022
神奈川県農協中央会・連合会 大川良一会長 JAの役割は

経済 | 神奈川新聞 | 2022年1月13日(木) 05:00

神奈川県農業協同組合中央会・連合会の大川良一会長=横浜市中区

 荒廃農地の増加や後継者不足などの課題を抱えている県内農業。長期化する新型コロナウイルス禍も加わり、農家の苦境が続く。課題解決に向けた手だてと今後の展望について、県農業協同組合中央会・連合会(横浜市中区)の大川良一会長に聞いた。(聞き手・細谷 康介)

 -県内農業の現状は。

 「農家戸数や耕作面積の減少が続き、荒廃農地が増えている。そんな中、昨年7月には相模原市内で豚熱(CSF)も発生、4千頭を超える飼養豚が殺処分された。さまざまな課題に、コロナ禍に伴う組織活動の制約なども加わり、苦戦が続いている」

 -コロナ禍の影響はどうか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

展望2022に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング