1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 多摩川スカイブリッジ:羽田・川崎を結ぶ橋

多摩川スカイブリッジ:羽田・川崎を結ぶ橋

経済 | 2022年1月14日(金) 16:30

 多摩川を越え、羽田空港と対岸の川崎・殿町地区を直接結ぶ「多摩川スカイブリッジ」が3月に開通。最先端のものづくりや医療分野の産業が集積する両岸は、空の玄関口へのアクセスが改善され、どう変わっていくのか。関連記事を紹介します。

連載:多摩川スカイブリッジ開通

 羽田空港の再拡張・国際化に伴い、京浜臨海部の再活性化策とされた川崎との連絡ルート構想。「神奈川口」構想として提唱されたものの、多摩川を挟んだ両地区の調整は難航が続いていました。政府の規制改革「国家戦略特区」の進展や、東京五輪開催決定を好機に、政治主導で整備が決まりました。

 成長戦略の一環として、地域限定で大胆に規制を撤廃・緩和する「国家戦略特区」。羽田空港と連絡道路で直結される川崎・殿町地区は、ライフサイエンス分野の研究開発拠点「殿町キングスカイフロント」と位置づけられ、新産業の創出が期待されています。経済界の動きをまとめます。

 連絡道の供用開始は当初、2020年が目標とされましたが、退席した土砂の除去や台風の影響で工事が長引きました。

 川崎の工業地帯を走って80年になる地元の老舗バス会社の物語です。

羽田連絡道路に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング