1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 京浜臨海部へ水素供給網 横浜市とENEOSが協定

京浜臨海部へ水素供給網 横浜市とENEOSが協定

経済 | 神奈川新聞 | 2021年11月29日(月) 05:30

協定を締結したENEOSの宮田常務執行役員(左)と山中市長=26日、横浜市役所

 「究極のクリーンエネルギー」として注目されている水素の大量供給に必要な「水素サプライチェーン」構築に向け、ENEOS(東京都千代田区)は横浜市と連携協定を締結した。

 同社は川崎市とも同様の協定を結んでおり、京浜臨海部を首都圏への水素供給拠点とすることでエネルギー革新を促し、水素社会の早期実現を図る考えで、京浜臨海部への水素パイプライン整備を目指す。

総延長50キロ以上

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

水素に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング