1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 厚木商工会議所・中村幹夫会頭 職域接種、一般市民にも

トップに聞く
厚木商工会議所・中村幹夫会頭 職域接種、一般市民にも

経済 | 神奈川新聞 | 2021年11月14日(日) 14:00

 新型コロナウイルスが猛威を振るうさなか、厚木商工会議所は会員企業向けにワクチンの職域接種を続けてきた。これまで経験のなかったコロナ対応を中心に、中村幹夫会頭に会議所の取り組みを聞いた。(聞き手・石本 健二)

中村幹夫会頭

 -ようやく新型コロナ感染が下火になってきたが、会員企業の状況は。

 「やはり一番影響を受けているのは観光。中でも観光バスなどバス事業者への影響が大きい。徐々に改善してきたが、まだまだで、観光バスも2人分の席に1人しか座れない状況だ。飲食業も厳しかった。中には緊急事態宣言中にルールをきちんと守っていたら、お客さんが営業を続けていた別の店に行くようになり、戻ってこないという理不尽なことも起きているようだ。ホテルのお客さんも減っているが、資金繰りがつけばいずれ戻ってくるだろう」

 -倒産件数について、どのようにみている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

トップに聞くに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング