1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 日本KFCは増収増益 コロナ禍でテークアウトの好調続く

決算
日本KFCは増収増益 コロナ禍でテークアウトの好調続く

経済 | 神奈川新聞 | 2021年11月10日(水) 22:04

日本上陸50周年を機に新しくなったケンタッキーフライドチキンのユニホーム

 神奈川県内に本社がある外食チェーン2社が10日、2021年9月中間連結決算を発表した。持ち帰りをメインで展開するファストフードは、好調を維持。居酒屋業態は営業時間短縮などの影響で苦戦したものの、新型コロナウイルス禍で大幅減収となった昨年からは改善。復調の兆しが表れている。

 「ケンタッキーフライドチキン」を展開する日本KFCホールディングス(横浜市西区)の売上高は、前年同期比11・1%増の481億900万円、営業利益は18・3%増の40億1900万円、純利益は74・0%増の27億8800万円だった。

 ドライブスルーなどテークアウトメニューが売り上げをけん引。増収増益となった。

 また、「日常化の推進」をテーマにランチメニューやお買い得感のあるパック商品を充実させた。ファミリー層の需要に応えるとともに、デリバリーや、スマートフォンアプリの機能強化などデジタルへの対応にも注力。日常的に利用しやすい環境を整えたという。

 「テークアウトメニューに対するニーズはまだ継続すると思う。引き続き、需要の獲得に力を入れていく」と担当者は話す。

居酒屋を展開するコロワイドは

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

決算に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング