1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 空き家ビジネスの今(下)価値観が多様化、ニーズに対応

空き家ビジネスの今(下)価値観が多様化、ニーズに対応

経済 | 神奈川新聞 | 2021年10月24日(日) 19:30

 空き家を巡るビジネスが動きだしている。取り組みの現状や今後の展望を探った。


「本と屯」で、空き家ビジネスについて語る波止場商店の三根さん(左)ら=三浦市

 「空き家に関する相談で一番多いのは相続関係。引き継いだものの、距離が離れている。誰かに貸し出すにしても、リフォームには数百万円かかる…。結果として空き家の状態のまま、というケースが多い」。「あきやカンパニー」(東京都)の担当者はそう明かす。

 空き家の解消に向け、同社の親会社「ルーヴィス」(横浜市南区)が展開しているのが「カリアゲ」。空き家の所有者から物件を借り上げ、リノベーション(大規模改修)した上で貸し出す事業だ。

所有者負担なしで改修

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

空き家に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング