1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 箱根湯本駅近くにワーケーションオフィス 三菱地所が開業

新型コロナ
箱根湯本駅近くにワーケーションオフィス 三菱地所が開業

経済 | 神奈川新聞 | 2021年10月19日(火) 05:55

三菱地所が箱根町でオープンしたワーケーション施設(同社提供)

 三菱地所(東京都)は今月、観光地でテレワークに取り組む「ワーケーション」向けの拠点を、箱根町でオープンした。2階建ての施設にオフィス2室を設け、それぞれ1日単位で企業に貸し出す。プロジェクトチームによる短期合宿などの需要を見込む。

 施設名は「ワーケーションサイト箱根湯本」。箱根登山鉄道箱根湯本駅から徒歩7分に立地する。小田急箱根ホールディングスグループ所有の遊休物件を三菱地が借り受け、執務用のスペースに改装した。

 1階の約50平方メートルは最大18人、2階の約70平方メートルは最大26人での利用が可能。約120平方メートルのウッドデッキでは、オプションでバーベキューを楽しめる。

 料金は1室11万円。予約は三菱地の専用サイトで受け付ける。宿泊設備はないため、複数日程の場合は近隣のホテルや旅館の利用を促す。

 同社が2019年から展開しているワーケーションオフィスの第5弾で、県内では初。他施設では、企業が1カ月にわたって貸し切る事例もあるという。

 三菱地の担当者は「非日常空間でのコミュニケーションにより、新たなビジネスアイデアを生み出してほしい」としている。(武田 晃裕)

開業・開店に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング