1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. にぎわう館内、にじむ無念 三浦・油壺マリンパーク閉館

にぎわう館内、にじむ無念 三浦・油壺マリンパーク閉館

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月30日(木) 21:55

感謝を込めて来場者にお辞儀する京急油壺マリンパークの職員=三浦市

 東洋一の大回遊水槽など水族館の先駆けとして人気を呼んだ京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市)が30日、台風の接近にもかかわらず最終日も5300人が来場する中で、53年間の歴史に幕を下ろした。飼育している生き物は10月中に他施設へ移る見込みという。館長はコロナ禍で新水族館計画が頓挫したことを明かし、無念さをにじませた。

 イルカ、アシカのパフォーマンスが披露される屋内大海洋劇場「ファンタジアム」。照明や音響を駆使しながらのダイナミックな演技が、最後まで観客を魅了した。

新水族館の計画あった【下に複数写真:最後の日の様子】

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

京急油壺マリンパークに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング