1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「一番搾り」で横浜花博を応援 キリンビールが10月発売

「一番搾り」で横浜花博を応援 キリンビールが10月発売

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月30日(木) 11:40

花博応援デザインパック入りの「一番搾り」をPRする山中市長(左)とキリンビール横浜支社の安武支社長(同社提供)

 キリンビール横浜支社(安武直幸支社長)と同横浜工場(九鬼理宏工場長)は10月4日、横浜市が2027年の開催を目指す「国際園芸博覧会(花博)」を応援するデザインパック入り「一番搾り」を発売する。

 花博のロゴなどをあしらった350ミリリットル缶6本入りケースで、神奈川県内の量販店などで販売する。キリンビバレッジ横浜支社(佐藤栄二支社長)も10月26日、ペットボトルに花博デザインラベルを施した「生茶デカフェ」(430ミリリットル)を発売。東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県で展開する。

 「花博への応援を通して横浜のさらなる魅力向上に貢献したい」とキリンビール横浜支社。山中竹春市長は「開催に向け、多くの方に応援していただきたい」とコメントした。

 2商品は、いずれも数量限定。キリングループが花博に関連した商品を取り扱うのは初めてという。(細谷 康介)

キリンビール横浜工場に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング