1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. さよならマリンパーク(4)試行錯誤、マグロの単体展示も

さよならマリンパーク(4)試行錯誤、マグロの単体展示も

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月28日(火) 20:00

 国内でも先駆的な水族館として多くの人に愛されてきた京急油壺マリンパーク(神奈川県三浦市三崎町小網代)が9月30日、閉館する。ゆかりの深い人たちの証言を交えながら53年間の歴史を振り返る。


大回遊水槽で見ることができたマグロの群泳風景(京急油壺マリンパーク提供)

 600トンの海水が流れる京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)の大回遊水槽。この外周78メートルの巨大ドーナツ形水槽に、かつてマグロが群泳していたことがあった。

 開館30周年を迎えた1998年10月、マリンパークはマグロ類の単独展示に挑戦した。

わずか2年足らずで

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

京急油壺マリンパークに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング