1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. さよならマリンパーク(2)「生きた化石」特別展にぎわう

さよならマリンパーク(2)「生きた化石」特別展にぎわう

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月27日(月) 19:57

 国内でも先駆的な水族館として多くの人に愛されてきた京急油壺マリンパーク(三浦市三崎町小網代)が9月30日、閉館する。ゆかりの深い人たちの証言を交えながら53年間の歴史を振り返る。


1982年1月の本紙では、京急油壺マリンパークでシーラカンスが記者団に公開されたときの様子を大きく載せている

 赤黒くごつごつした硬いうろこが全身を覆い、口には米粒のようなふぞろいの歯が並ぶ。

 体長1・7メートル、体重85キロに及ぶ怪魚の姿に、来館者は目を見張った。

8時間の格闘の末

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

京急油壺マリンパークに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング