1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. オンライン教材を小中学校に無償提供 川崎・城南進学研究社

オンライン教材を小中学校に無償提供 川崎・城南進学研究社

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月21日(火) 19:20

 学習塾や予備校の運営などを手掛ける城南進学研究社(川崎市川崎区)は、小中学生対象のオンライン学習教材「デキタス」を、希望する全国の小中学校に無償で提供している。新型コロナウイルス禍での学習支援につなげたい考えだ。

 同社が開発・運営する「デキタス」は、パソコンやタブレット端末などを使用して授業動画を見たり、演習問題を解いたりして学習を進める仕組み。学年ごとに主要5教科などの教科書に対応している。

 コロナ禍で短縮授業や分散登校が行われる中、家庭学習の支援や教育現場の負担軽減につなげる。今月から無償提供を開始し、すでに横浜市や秦野市、東京都内の100校以上が導入しているという。

 同社の担当者は「子どもの学習習慣は途切れさせないことが重要。コロナ禍の学びの手段として、幅広く活用してほしい」と話している。

 アカウント数や期間は「各校と相談しながら提供する」としている。問い合わせは、同社の電子メール(Info-csd@johnan.co.jp)へ。

学習塾に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング