1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 大根、スイカも…アシストスーツで収穫楽に 三浦の農家

大根、スイカも…アシストスーツで収穫楽に 三浦の農家

経済 | 神奈川新聞 | 2021年9月11日(土) 15:00

アシストスーツを装着して中腰で大根を収穫する小杉さん=2020年(イノフィス提供)

 神奈川県三浦市内で、農作業による負荷を軽減する「アシストスーツ」を導入する農家が出始めている。

 大根やスイカといった重量野菜の産地で、腰痛に悩む人は少なくない。効果を体験してもらおうと、県農業技術センター三浦半島地区事務所(同市)も希望者に貸し出している。

 同市初声町和田の小杉智さん(65)は家族で大根とキャベツを栽培しているが、特に大根は一日にざっと2500本を収穫して箱詰めする。中腰のままの長時間労働が影響して10年以上腰痛に悩まされ、痛み止めや湿布薬を貼ったり、整体院に行ったりしていた。

 昨年秋には痛みがひどくなり、販売店に出向いて装着を体験。アシストスーツの開発・販売を手掛けるイノフィス(東京)の製品「マッスルスーツ」を約15万円で購入した。

圧縮空気を利用

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

農業に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング