1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 京急空港線の電力、再エネに置き換え 3千トンのCO2削減

京急空港線の電力、再エネに置き換え 3千トンのCO2削減

経済 | 神奈川新聞 | 2021年8月2日(月) 20:03

京急線

 京浜急行電鉄(横浜市西区)は2日、京急空港線で使用する鉄道運転用電力量について、今月分から再生可能エネルギーに置き換えると発表した。脱炭素社会の実現に向け、二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる考えだ。

 実質的にCO2排出量ゼロの再生可能エネルギーに置き換えることで、年間におよそ3457トンのCO2を削減。京急線全線でも、約4・3%の減少につながるという。

再生可能エネルギーの活用を発表した、京浜急行電鉄の原田一之社長=東京都大田区

 同日会見した原田一之社長は「脱炭素社会の実現に向けた取り組みは世界的に加速している。環境負荷を軽減した旅客輸送の実現に一層、力を入れていく」と述べた。

 京急空港線は、京急蒲田駅から羽田空港第1・第2ターミナル駅を結ぶ路線で、区間距離は6・5キロメートル。上下線合わせ1日当たり約400本の列車が運行している。(細谷 康介)

京急電鉄に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング