1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜・緑区のGS、水分混入の軽油販売 タンク配管部に穴

横浜・緑区のGS、水分混入の軽油販売 タンク配管部に穴

経済 | 神奈川新聞 | 2021年7月26日(月) 21:10

 横浜市緑区長津田町のガソリンスタンド「東名横浜インター南SS」の運営会社などは26日までに、同店で水分が混入していた軽油を販売していたと発表した。

 販売期間は6月24日から7月16日までで、延べ4705台に販売したという。

 水分が混入した原因は調査中だが、軽油タンクを点検したところ、配管部に穴が開いていた。

 給油した車両は故障につながる場合があるとして、軽油の購入者に連絡を求めている。

 連絡先は運営会社サンオータス電話045(534)6211。土日・祝日は電話045(922)3519。

ガソリンスタンドに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング