1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 橋本のリニアバブル(3) 流れ込む投機マネーと不安材料

橋本のリニアバブル(3) 流れ込む投機マネーと不安材料

経済 | 神奈川新聞 | 2021年7月24日(土) 11:30

 相模原・橋本の地価が急上昇している。リニア中央新幹線の27年開業に黄信号がともる中、高騰の実相を追った。


入札案件が浮上している相模原協同病院の旧病棟。現在は新型コロナの陽性患者を受け入れている=相模原市緑区

 手すりのさび付きや外壁の汚れが、築年数の経過を感じさせる。窓を閉め切ったその建物は、人が行き交う通り沿いにひっそりとたたずんでいた。

 相模原市緑区の橋本駅から徒歩5分足らず。相模原協同病院の旧病棟は、施設の拡充などに伴う新築移転により、昨年末でいったん役割を終えた。2月下旬以降は新型コロナウイルス禍での病床確保のため、陽性患者を専門に受け入れている。

 敷地面積は約1万平方メートル。この土地で持ち上がった入札案件に、不動産業界が熱いまなざしを向けている。

またとない「出物」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

公示地価に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング