1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 湯河原温泉に初の外国人職員 観光協会、コロナ後を見据え

新型コロナ
湯河原温泉に初の外国人職員 観光協会、コロナ後を見据え

経済 | 神奈川新聞 | 2021年5月23日(日) 05:00

「世界中の人に湯河原を好きになってほしい」とほほ笑むリーヴァイさん=湯河原町宮上の万葉公園

 新型コロナウイルスの収束後を見据え、訪日観光客(インバウンド)への対応力強化に向け、湯河原町の湯河原温泉観光協会は4月、米国出身の男性を採用した。同協会で初の外国人職員で、同協会は「ネイティブならではの視線を生かし、町の観光を盛り上げてくれたら」と期待を寄せている。

 「湯河原の魅力を世界に発信したい」と流ちょうな日本語で話すのは、米ミネソタ州メイプルグローブ出身のリーヴァイ・ブラナーさん(39)。2月から研修を重ね、4月12日に正式に同協会に採用された。

日本留学の日々、忘れられず

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

観光に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング