1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コロナ禍 新卒採用(2)一変 採用意欲にばらつき

コロナ禍 新卒採用(2)一変 採用意欲にばらつき

経済 | 神奈川新聞 | 2021年5月12日(水) 19:00

 「未曽有の売り手市場だったが、新型コロナウイルス禍で一転した」

 新卒採用を巡る動きについて、リクルート(東京都)の研究機関「就職みらい研究所」の増本全所長は、そう指摘する。

 近年、新卒採用は人手不足を背景に学生優位の「売り手市場」が続いていた。リクルートワークス研究所の調査によると、リーマン・ショックの影響で大卒の求人倍率は2008年卒の2・14倍から12年卒の1・23倍へと大幅に落ち込んだ。しかし翌年から7年連続で上昇し19年卒は1・88倍、20年卒も1・83倍と高水準を維持していた。

 だが、新型コロナウイルス感染拡大が状況を一変させた。その影響を最初に受ける形となったのが21年卒の学生たちで、求人倍率は1・53倍(20年6月時点)と、前年から0・3ポイント低下した。

 増本所長は一方で、こう力を込める。「注目すべきは、すべての産業が採用を減らしたわけではない点。(採用意欲は)業界によってばらつきがある」

 コロナ禍での業績の好不調が、採用計画に影響を与えていると指摘した。

「増やす」14社、「減らす」6社

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

連載「コロナ禍 新卒採用」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング