1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 小田原の老舗かまぼこ店が「大学」開校 社内研修で学位取得

小田原の老舗かまぼこ店が「大学」開校 社内研修で学位取得

経済 | 神奈川新聞 | 2021年4月16日(金) 22:00

単位が取得できる大学カリキュラムの一環として行われた新入社員向けの研修=小田原市風祭の鈴廣かまぼこ博物館

 大学に通えないまま社会に出た社員に働きながら学んで大卒資格を得てもらおうと、創業156年の老舗かまぼこ店「鈴廣蒲鉾(かまぼこ)本店」(小田原市風祭)は4月、通信制大学「星槎大学」(箱根町)と連携して社内に「鈴廣星槎大学」を開校した。1期生12人が入学した。

 研修制度を大学に模した企業内大学は多いが、社内研修で学位が取得できるケースは全国的にも珍しいという。大学関係者は「働きながら学ぶことが広がれば、教育格差による負の連鎖を断ち切ることにつながる」と期待する。

 「森と海はつながっている。森が健康な状態でなければ海からかまぼこの原料になる魚もいなくなる」

 SDGs(持続可能な開発目標)をテーマに16日に行われた新人研修。23人の新人に教育担当者が、同社が行っている森林保全などのSDGsの取り組みを説明した。座学の後は松田町内の山林に足を運び下草処理などに汗を流した。

学費の半額も負担

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

鈴廣に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング