1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 起業のきっかけはM8・1 専門は部屋の家具転倒防止

挑む中小企業 エリアプロジェクト(横浜市港北区)
起業のきっかけはM8・1 専門は部屋の家具転倒防止

経済 | 神奈川新聞 | 2021年4月12日(月) 05:00

耐震・防災対策事業で使う「耐震マット」と金具を手に持つ小杉駿介社長

 内装工事などを手掛ける「エリアプロジェクト」(横浜市港北区)。両面テープのような「耐震マット」を家具の下に張って転倒を防止するなど、地震対策事業を専門で行う全国でも珍しい企業だ。

 自らの地震体験が起業のヒントとなったという小杉駿介社長(33)は、「部屋の地震対策を『当たり前』にしたい」と意気込む。

「家の中なのになぜ」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング