1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コロナ苦闘のホテル三銃士(4)模索 新時代への変革急ぐ

新型コロナ
コロナ苦闘のホテル三銃士(4)模索 新時代への変革急ぐ

経済 | 神奈川新聞 | 2021年3月4日(木) 05:00

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区にあるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市西区)、横浜ベイホテル東急(同)、横浜ロイヤルパークホテル(同)がコロナ禍で苦闘している。

 足元のMM21地区には外資系ホテルの進出も相次ぎ、競争激化が避けられない。光明を見いだすための挑戦を追った。


 その発表は衝撃を持って受け止められた。

 「ホテルのリソース(資源)を活用し、新しい住まい方を提案する」

 日本を代表する高級ホテルの帝国ホテル東京(東京都、931室)は2月、割安な価格で長期滞在が可能な新規事業「サービスアパートメント」を開始すると明らかにした。一部フロアを改修して99室を用意し、共用スペースには洗濯乾燥機などをそろえる。

30連泊36万

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

みなとみらいに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング