1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 東北、四国行きなど、長距離夜行バスから撤退 京急バス

東北、四国行きなど、長距離夜行バスから撤退 京急バス

経済 | 神奈川新聞 | 2021年2月25日(木) 19:14

京急グループ本社

 京浜急行バス(横浜市西区)は、首都圏と東北、四国、山陰の各地方を結ぶ長距離夜行バス事業から事実上撤退する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で安定した需要を見込めなくなり、運行を取りやめる。それぞれの路線で共同運行するバス会社が単独で運行を継続する予定だが、首都圏と鳥取を結ぶ「キャメル号」は路線自体が廃止となる。

 京急バスは3月16日から、横浜駅などと青森を結ぶ「ノクターン号」と、岩手を結ぶ「ビーム1号」の運行をやめる。徳島行きの「エディ号」は無期限で運行を休止する。

 長距離夜行バスはいずれも1日1~2往復運行し、観光客や帰省客が中心に利用していたが、新型コロナの影響で激減。これに伴う業績の悪化が運行中止の決定打となったという。

京浜急行バスに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング