1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 大手私鉄4社、全社が最終赤字 改善傾向も先行き不透明

決算
大手私鉄4社、全社が最終赤字 改善傾向も先行き不透明

経済 | 神奈川新聞 | 2021年2月19日(金) 05:00

 神奈川県内に路線がある大手私鉄4社(東急、小田急電鉄、京浜急行電鉄、相鉄ホールディングス〈HD〉)の2020年4~12月期連結決算が出そろった。

 全社が最終赤字を計上したものの、第3四半期単体(10~12月)では3社が営業黒字を確保するなど改善傾向が見られた。

 ただ、緊急事態宣言の再発令で21年3月期業績予想の下方修正が相次ぐなど、先行きの不透明感は拭えない。

「第3波」、風向き変える

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

決算に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング