1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜銀4~12月期、実質業務純益14%減 市場損益が悪化

決算
横浜銀4~12月期、実質業務純益14%減 市場損益が悪化

経済 | 神奈川新聞 | 2021年2月4日(木) 05:00

横浜銀行

 持ち株会社コンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)が3日発表した横浜銀行(横浜市西区)の2020年4~12月期の決算(単独)は、売上高に当たる業務粗利益が前年同期比4・8%減の1257億5300万円、本業のもうけに相当する実質業務純益が13・9%減の483億3200万円の減収減益だった。

 市場関連損益の悪化や手数料収入の減少などが響いた。

対面営業難しく

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

決算に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング