1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 売り上げ85%減からの妙案 その名も「魚(ぎょ)歳暮」

挑む中小企業
売り上げ85%減からの妙案 その名も「魚(ぎょ)歳暮」

経済 | 神奈川新聞 | 2020年12月25日(金) 22:03

「魚歳暮」サービスを考案した石坂昌司社長=三浦市初声町の「じこう」

 売り上げ85%減─。新型コロナウイルスの感染拡大は、仕出しや会席が中心の日本料理店を経営する「じこう」(三浦市)に大打撃を与えた。

 緊急事態宣言当時は「この先、どうしようか。真っ暗だった」と振り返る石坂昌司社長(48)は今、前を向く。自社の強みに気付いて始めた新たなサービスを「喜んでくれる人がいる」。それが原動力だ。

 コロナ禍で葬儀の仕出しや法事の会食といった需要がなくなり、地域の祭り、イベントもすべて中止。

「やることがない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

連載「挑む中小企業」に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング