1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 株取引、量子暗号でデータ保護

株取引、量子暗号でデータ保護

経済 | 共同通信 | 2020年12月21日(月) 14:00

 東芝やNEC、野村ホールディングス(HD)などは21日、量子暗号技術を使い、株式取引のデータ通信を保護する国内初の共同検証を同日始めたと発表した。量子暗号は理論上、第三者による解読が不可能とされる。金融機関に対するサイバー攻撃が近年相次いでおり、安全性強化へ数年後の導入を見据える。

 東芝が開発した量子暗号装置を野村HD傘下の野村証券の拠点に置き、量子暗号ネットワークにつなぐ。顧客や株取引の疑似データを利用し、それぞれ暗号化した場合の影響を調べる。

 株取引で同時刻に数百万件単位の注文があった際の処理能力や、数日間の運用で取引システムに影響がないか確認する。

こちらもおすすめ

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング