1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 復活への険路(上)攻勢 成否を懸けた新型車

日産ネクスト2
復活への険路(上)攻勢 成否を懸けた新型車

経済 | 神奈川新聞 | 2020年11月19日(木) 14:00

インターネットを通じてライブ中継された日産自動車の中間決算発表で、時折厳しい表情をみせる内田誠社長=12日午後(同社提供)

 日産自動車の業績不振が著しい。巨艦復活に向けた険しい道に迫る。

日産だけ― のなぜ

 トップに就きおよそ1年。フランス大手ルノー、三菱自動車と3社連合を組み、世界有数の販売台数を誇る巨艦を率いる指揮官の表情に余裕はなかった。

 「われわれは大きな赤字を抱えている」

 1時間足らずの中間決算発表で3度にわたり「赤字会社である」と言及した。あえて自らそう口にすることで、退路を断つ意味を込めているかのようであった。

 構造改革プラン「日産ネクスト」が始動して半年。日産自動車(横浜市西区)の内田誠社長は、このリストラ計画を「一切の妥協なく断行する」と繰り返した。

 2020年9月中間連結決算の純損失は3299億5900万円。巨額赤字で折り返した。通期見通しの最終赤字は6150億円に上る。中間決算ベースでは、国内の自動車大手7社の中で最下位、2期連続の最終赤字決算が避けられそうにない。

 なぜ日産だけがこれほど沈むのか─。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

日産自動車に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング