1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 協同組合元町SS会・近澤柳副理事長 元町の価値、ITで創出

トップに聞く
協同組合元町SS会・近澤柳副理事長 元町の価値、ITで創出

経済 | 神奈川新聞 | 2020年10月20日(火) 05:00

 新型コロナウイルス感染症の影響で厳しい状況に置かれている小売業。どう消費者と向き合っていくか、商店街でも模索が続いている。「近澤レース店」(横浜市中区)執行役員で、横浜・元町の「協同組合 元町SS会」の近澤柳副理事長に、「ウィズコロナ」時代の取り組みについて聞いた。

協同組合元町SS会 近澤柳副理事長

 -2月と9月に開催している恒例の「チャーミングセール」を6月にも実施した。

 「コロナ禍で2月のセールの来場者が激減し、特別セールとして会員救済の意味もあったが、街の結束と決意を示すとともに、閉塞(へいそく)感に風穴をあけたかった。『3密』も極力避けなければならないなど、店側にもお客さまにも緊張感があった。大々的な告知こそ控えたが、思ったよりも訪れてくれた」

 -セール来場者の反応は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

トップに聞くに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング