1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 未来への結節点(5)景観保護、高さ制限の合意形成は

小田原駅開業100年
未来への結節点(5)景観保護、高さ制限の合意形成は

経済 | 神奈川新聞 | 2020年10月21日(水) 05:00

小田原城の景観を守るため高さ制限が導入されている小田原駅周辺=小田原市

 小田原駅から歩いて15分。漁師町のたたずまいが残る旧東海道筋の小田原かまぼこ通り近くに、2階建てのレトロな木造住宅がある。月4万円(税別)の定額制で全国約80カ所の拠点が利用できるサービスを展開する「ADDress(アドレス)」(東京)の「小田原A邸」だ。

 新型コロナウイルス感染症が広がる5月にオープンし、一度に12人が滞在できる。地元の世話役である「家守(やもり)」で喫茶店経営者の平井丈夫さん(67)は「利用を始めてからずっと満杯状態。利用者のニーズが高く、近いうちに新しい拠点も市内にできる予定」と手応えを感じている。

交通至便、再開発の声

 なぜ、小田原は人気なのか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小田原駅に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング