1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. トップに聞く 「強い横浜」へ官民協働を 鍵握る宿泊誘客

横浜商工会議所副会頭 岡田伸浩・横浜岡田屋社長
トップに聞く 「強い横浜」へ官民協働を 鍵握る宿泊誘客

経済 | 神奈川新聞 | 2020年10月5日(月) 05:00

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で人の行き来は制限され、観光業や小売業は依然、陰りを見せる。横浜の観光や商業は今後、どう変化していくのか。横浜商工会議所で観光政策委員長を務める岡田伸浩副会頭(横浜岡田屋代表取締役社長)に聞いた。

横浜商工会議所副会頭  岡田伸浩・横浜岡田屋社長

 ─コロナ禍で働き方やビジネスの手法は大きく変化したのでは。

 「コロナが変えたかというとそうではなく、従来の改革の流れを加速させたということだと思う。小売業界では10年前から『モノからコト』『リアルからバーチャル』と言われていた。働き方改革でも在宅勤務やリモートワークは以前から推進されていた。コロナ禍で『直ちにやれ』と背中を押され、本来あるべきビジネススタイル、生活様式になった気がする」

 ─本業のショッピングセンタービジネスでも変化はあったか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

トップに聞くに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング