1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. かまぼこ老舗「丸う田代」が自己破産へ 創業150年

かまぼこ老舗「丸う田代」が自己破産へ 創業150年

経済 | 神奈川新聞 | 2020年10月2日(金) 19:12

「丸う田代」の練り製品

 帝国データバンク横浜支店によると、創業150年の老舗かまぼこ店「丸う田代」(神奈川県小田原市)が2日までに自己破産申請の準備に入った。負債総額は約24億2400万円で、同支店の調査では県内で今年最大規模の倒産。新型コロナウイルス感染症の影響で店舗の臨時休業が続き、売り上げ不振が深刻化した。

 丸う田代は1869年の創業で、かまぼこを中心にはんぺんやちくわなどの水産練り製品を自社工場で製造。同支店によると、2001年3月期の売上高は20億4500万円を計上していた。10年には「全国蒲鉾品評会」で農林水産大臣賞を受賞。同年度の農林水産祭で内閣総理大臣賞を受けた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

かまぼこに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング