1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. コロナ時代の旅(下) オンラインツアー、新コンテンツに

コロナ時代の旅(下) オンラインツアー、新コンテンツに

経済 | 神奈川新聞 | 2020年9月22日(火) 16:00

 南米大陸ブラジル北部の都市マナウス。地元の市場は人が行き交い、商品棚には野菜や果物、魚が並んでいた。

南米ブラジルの市場ツアーでは、現地のガイドが生中継で商品などを紹介する(ベルトラ提供)

 男性ガイドは、スマートフォン越しに見える日本の参加者に呼び掛けた─。

 海外旅行ツアー予約サイトの運営会社「ベルトラ」(東京都)は7月、オンラインツアーを開始。自宅で旅行を疑似体験してもらおうとビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を活用した初の商品で、マナウスの市場ツアーはその第1弾だった。

 同社は現在、国内外で約80のオンラインツアーや講座を展開する。平均時間は1~1時間半で平均単価は3千円。参加者は一つのツアーに対して、数人から数十人に上るという。

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、海外旅行需要は激減。観光庁によると、主要旅行業者の海外旅行取り扱いは5~7月のいずれも前年同期比99%減となった。

 世界150カ国、4千超の現地ツアー会社やガイドと契約する同社にとって危機的な状況で、「リアルの旅」に代わる商品を開発したのは必然だった。他の海外旅行業者もビデオシステムや仮想現実(VR)の端末を使用した「疑似旅行」の商品を次々と生み出している。

 コロナ禍で生まれたバーチャル旅行はマーケットとして成り立つのか。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型肺炎に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング