1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 県内から3市が「日本遺産」認定

県内から3市が「日本遺産」認定

カルチャー | 神奈川新聞 | 2016年4月26日(火) 10:07

多くの観光客でにぎわう鶴岡八幡宮 =鎌倉市雪ノ下
多くの観光客でにぎわう鶴岡八幡宮 =鎌倉市雪ノ下

鎌倉「歴史と文化が描くモザイク画のまち」



 鎌倉市では、鶴岡八幡宮や鎌倉大仏など54件の文化財で構成される「『いざ、鎌倉』~歴史と文化が描くモザイク画のまちへ~」が登録された。

 源頼朝によって幕府が開かれた鎌倉。中心部に鶴岡八幡宮と若宮大路、山には「切通」とそれにつながる大寺院が建立されるなど、都市整備が進んだ。明治以降は東京近郊のリゾート地として別荘文化が花開き、川端康成や大佛次郎ら「鎌倉文士」たちが地域に貢献。多くの芸術家が新たな文化を生むまちとなった。

 中世以来の社寺と自然が一体となる中に、各時代の建築や土木遺構、芸術文化、行事などが混在している様子を“モザイク画”と表現。市歴史まちづくり推進担当は「市が推進している歴史的遺産と共生するまちづくりの一助になる」と喜ぶ。今後市や観光協会、商工会議所などでつくる協議会を設立し、5月下旬までに情報発信や人材育成事業などに使える補助金を国に申請する。

 鎌倉市など4県市は「武家の古都・鎌倉」で世界遺産登録を目指したが、13年に取り下げられた経緯がある。同担当は「鎌倉の国際的な認知度が高まれば、世界遺産登録の後押しにもなるのでは」と期待している。

 松尾崇市長は「2020年東京五輪に向け環境整備の強化につながる」とコメントした。

横須賀ほか4市「日本近代化の躍動を体験」


日本遺産の構成文化財の一つ米海軍横須賀基地内のドライドック
日本遺産の構成文化財の一つ米海軍横須賀基地内のドライドック


 明治期以降、いずれも旧海軍の軍港や鎮守府が置かれた広島県呉、長崎県佐世保、京都府舞鶴とともに、旧軍港4市に共通するストーリーが認定された横須賀市。吉田雄人市長は「まちを築き上げた多くの先達に感謝し、あらためて横須賀製鉄所に始まる近代の歴史と文化に誇りを感じる」とコメントした。

 横須賀の構成文化財は計16項目。国史跡にも指定された猿島・千代ケ崎の砲台跡をはじめ、現在は米海軍横須賀基地内にあるドライドックなど世界遺産級と評されるものも少なくない。かつての静かな農漁村は国策で軍事拠点とされた一方、全国に先駆けて鉄道や水道のインフラが整備されるなど近代化の恩恵を受けてきた側面もある。

 サブタイトルは「日本近代化の躍動を体感できるまち」。複数の自治体にまたがる「シリアル型」で応募し、4市が緊密に連携しながらストーリーを練り上げた。吉田市長は「さらに絆を強めながら、相互の観光集客にも生かしていきたい」とする。

 東京湾側に点在する遺産の「見せ方」も、今後の課題の一つだ。郷土史家の山本詔一さんは「日本が海軍力をどう発揮してきたかを、市民らに伝える取り組みが弱かった。(博物館のような)ハコをつくるなどして、横須賀が各市の先頭を切る活動をしてほしい」と話す。

伊勢原「江戸庶民の信仰と行楽の地」


納め太刀を手に日本遺産認定を喜ぶ高山市長ら=伊勢原市役所
納め太刀を手に日本遺産認定を喜ぶ高山市長ら=伊勢原市役所


 25日に日本遺産に認定された伊勢原市の「大山詣(まい)り」は、江戸時代には年間20万人が参加したというレジャーも兼ねた一大信仰だった。この市最大の観光資源で国内約100カ所という“狭き門”に入った今回の認定は、県内第4の国際観光地市を目指す市には大きな追い風。関係者は大山詣りのシンボル「納め太刀」を手に喜んだ。

 テーマは“江戸庶民の信仰と行楽の地~巨大な木太刀(きだち)を担いで「大山詣り」”。認定を受けて市役所では、高山松太郎市長をはじめ市職員や市のイメージキャラクター「クルリン」らが気勢を上げた。

 高山市長は「大山、日向を中心に地元の先人が文化を守り続けてきてくれたおかげ。さらに磨きを掛けて、後世にバトンタッチしたい」と喜ぶ。「市内に新東名高速道路のインターチェンジもできる。東京オリンピック、パラリンピックを控え、海外からも観光客を呼び込みたい」と意気込んだ。

 大山詣りでは、多くの庶民がとび職や大工、火消しといった職業や町内会ごとに分かれた「講」と呼ばれるグループを組織して、夏の大山を目指した。江戸から往復3、4日と行程が「富士詣り」より短く、関所を越える手形が不要だったことから、観光を兼ねた小旅行として人気を集めたという。

 大きいもので4メートルほどあったという納め太刀は、武士が神社仏閣に奉納したことをまねて江戸の庶民が奉納した。講ごとに巨大な木太刀を担ぎ、唯一、大山でのみ見られる風習という。

 今回の申請では、大山以外に日向薬師(同市日向)、比々多神社(同市三ノ宮)なども加えた。市は「大山に特化せずに、市内全域でイベントや事業ができるように、全域が盛り上がるようにした」と説明した。


日本遺産の構成文化財が集積する横須賀港周辺(いずれも横須賀市提供)
日本遺産の構成文化財が集積する横須賀港周辺(いずれも横須賀市提供)

日本遺産に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング